救急科の医師の活動内容

救急科の医師には、診療科目に関係なく急病の方を診療することが求められています。特に、重症の患者には集中治療をほどこす専門医として捉えられており、救命医療の分野として定義されています。他にも、この科目の医師には救急医学の一環として、災害医療と病院前救急医療も担当しています。要するに、救急医が現場へ駆けつけて医療行為を行うことにあたり、病院への搬送前に適切な措置をほどこす行為に該当します。こうした活動を行うには、救急時に関する専門的な知識と技能が必要になります。

救急科の専門医師とは

医師と言っても色々な科目がありますが、特定の科目というよりは特定の科目と連携して診療する救急科という医師のジャンルが存在します。救急の名称から分かる通り、この科目では急病で訪れた患者さんを診療科を問わず診療して、必要に応じた処置を行います。重症であれば救命救急や集中治療を行い、怪我・病気・治療過程に適した診療科と連携します。救急の知識や経験があると、救急医療制度・災害医療・メディカルコントロール体制で指導者的な立場で活躍することができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 医師が常勤で働く場合 All rights reserved