医師の学会への参加について

医師は、毎日患者様と向き合って、様々な治療や診断を行っている医療の専門家です。また、日々の研究や勉強会のために学会に参加をしなければならないという医師も多いです。そのことから、休日の日であっても、専門知識を深めるために参加をすることが望ましいです。また、研究発表だけではなく、交流の場となるので、親交を深めたり、お互いにコミュニケーションを取ることができる場でもあります。患者様のためにも、しっかりと学ぶことが大切です。

医師はなぜ学会に参加するのか

医師はただ患者さんを診察しているわけではありません。今までになかったケースの病気の患者さんを診察し、試行錯誤を繰り返しながら新たなアプローチした治療法がうまくいった場合は、立派な症例報告と言えます。そういった報告は、学会を通して発表することで同じような症例で困っていた医師の悩みを解決に導くことができます。また、様々な研究者が最新の情報を持ち寄って集う場所ですので、周りの皆が頑張っていると励みになり、モチベーションアップにつながります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 医師が常勤で働く場合 All rights reserved