医師に応召義務はあるのか

医師法の第19条に、医師は正当な理由がない限り、診察治療の求めがあった場合に、これを拒んではいけないとあります。では実際に応召義務はあるのかというと、結論からいってしまえば、仮にこれに違反しても罰則規定は特にないので、従わなくても大丈夫です。あくまで努力目標という事になります。例えば、休日に病院から呼び出しがあった場合、休みを返上して応じなければならないのかというと、これは別に断っても大丈夫です。しかし断ってしまうと世間体や周りの目も厳しくなりますので、実際は出て行かざるを得ない人がほとんどです。

医師の応召義務とはなにか

医療に従事する医師には応召義務があり、要請を受けたら正当な理由なしにその治療を断れないという医師法です。疲れているから、治療費が払える見込みがないからなどを理由に拒絶すると義務違反となります。現状罰する法律はないものの、義務違反と判断されると最悪の場合、免許の剥奪も起こります。周辺に夜間に診察が受けられる病院があるなどの環境が整っている場合、移動を促すことはできますが、症状が重篤な患者に対しては治療をする義務があります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 医師が常勤で働く場合 All rights reserved