医師は学会で出張します

会社員に出張があるように、医師にも出張があります。それは近くに出掛けるもので言うと「往診」があり、遠くに出掛けるもので言うと主に「学会」のための出張があります。もちろん近くで行われることもあるのですが、泊りで行かなければならないような場所にも出掛けています。このために診察をお休みすることも少なくありません。往診は診察日の都合で日時を決めることができますが、学会は日程が決まってしまっているので、その日時にかぶる診察はすべて休診にしなければいけません。

医師が集まる学会について

学会では、基本的にはある程度先端的なことが発表されます。それは医師が集まる学会でも一緒で、討論が交わされることもあります。欧米に留学したような方も多く参加するのですが、その中で何回か使いまわされた内容が発表されるようなこともあるので、その実態は欧米からすると数年遅れてしまっているようです。しかし、若手にとっては数少ない発表の場であるに違いなく、また、その分野のエキスパートたちが集まることには間違いないので、参加することには多くの意義があります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 医師が常勤で働く場合 All rights reserved