医師の睡眠時間は短い

医師というと高収入というイメージが多いですが、その勤務は激務です。とくに救急診療がある総合病院などでは医師はとても重労働を強いられます。夜に急患を受け入れている病院では、睡眠といっても仮眠をとるだけですし睡眠時間はかなり少なく激務が続きます。個人病院ではそのような激務ではないものの、日中はたくさんの患者さんを診ているために、遅くまで診療をするという病院が多くいずれにしても睡眠の時間は削られてしまいます。

医師の睡眠時間は短いか

医師は、仕事が忙しいイメージですよね。特に、当直というシステムは、お医者さんならでは。「病院に入院している患者さんに何かあったらすぐにかけつける」、「緊急外来の患者さんを診察」の理由で当直は必要です。ですが、そういった当直は勤務が午後始まりであったり、朝からだとしても次の日の午前中まで働いて、午後には帰れたりと、睡眠時間は確保されています。また、当直中に仮眠をとることも可能なのが、当直の医師のよいところですね。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 医師が常勤で働く場合 All rights reserved