仕事と家庭を両立させる医師

医師は日々患者の命と向き合い、時には予断を許さない場面にも直面します。一日何件も手術や診察が入り、空いた時間は研究や論文の作成など、目まぐるしい日々を送ることになります。そんな中でも、仕事と家庭などのプライベートを両立させるためには、メリハリをつけられるようになることが重要です。ベテランと言われるくらいの医師になると、忙しい日々の中でもきちんと休息を取ることが出来る人がいます。そのような人は、若いうちからメリハリを付け方を身に付けるような働き方を実践しているので、若いうちから意識して働くように心がけましょう。

高級取りは過去のはなし

命の最前線に立つ医師たち、私たちを救う最後の砦です。しかし、そんな彼らにも命の危機が迫っています。長時間労働、無給による無休、今まさに病院ですらブラック企業と化しています。あまりのハードワークに、投げ出してしまう人が増加中です。誰かを救うための仕事が、自らの命を捨ててしまうほどの仕事に変わり医師を志す人が減っています。医者とはいえ、1人の人間です。働き方を改善しなければ、患者を助けようにも助けられない場面が必ず増えます。一体何のための病院なのか?よく問うべきです。今の時代、どこもかしくもブラック企業が当たり前となり誰1人声を上げる人がいなくなっています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 医師が常勤で働く場合 All rights reserved