医師の残業事情は複雑

業種に限らず残業はあるものですが、医師の場合はやや特殊です。というのも、患者による影響が大きいからです。終業時間になったとしても、診察中の患者や診察待ちをしている患者を無視するわけにはいきません。全ての患者の診察が完了して、初めて終業になるのです。ですが、仮に終業時間が近いのに患者がいないケースになっても、早めに終業する事は難しいです。何故なら、急患の患者を診察する場合があるからです。医師は大変ですが、やりがいのある仕事になるでしょう。

医師の残業に関する考え方

医師の残業に関する考え方はどのようなものなのでしょうか。多くの病院では、患者のことを思うあまりに労働者である医師に大きな負担がいってしまうケースが見受けられます。そのような労働環境は改善しなければなりません。もし上層部にかけあっても改善されないのであれば、転職活動をするとよいでしょう。働く環境を整えてくれる経営者のものであれば長く働くことができます。インターネットの転職活動サイトを使ってどんな病院があるかを見てみましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 医師が常勤で働く場合 All rights reserved