非常勤医師としての働き方

医師の中には病院に就職して常勤医として勤務する場合と、必要な時だけ勤務する非常勤医として働く場合の2通りの働き方が有ります。その中でも非常勤医は重要な役割を担っているものです。病院は患者が必要としている時に必要な医療を提供することが大きな役割です。しかし、その為には常に多くの人材を常駐させておく必要がありますが、その一方で病院の経営の視点からは常に多くの人材を雇用するためには多くの人件費が掛かってしまうため、実際にはその全てを常勤医でまかなうことは難しいという現実があります。必要な時だけその病院に勤務する医師は病院の経営と医療体制を両立させる重要な役割を担っています。そのような働き方は医療の充実に於いて非常に重要なものとなっています。

高級な家に住んでいる人が多い

医師は勤務医と開業医に分けることができます。勤務医というのは、病院などに雇われて働いている医者のことです。サラリーマンと同じように、上司の医者や部下の医者がいる環境で働いています。つまり、上司の指示を受けたり部下に指示を出したりするのです。給与も固定給であることが多いです。これに対して医師には開業医という働き方もあります。自らクリニックを経営して、看護師などのスタッフを雇います。上司の指示を受けることなく、自由にクリニックを運営できるのが大きなメリットです。患者が多ければそれだけ収入も増えるため、高級な家に住んでいる人が多いです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 医師が常勤で働く場合 All rights reserved