医師にとっての専門科の選択

医師にとって、専門科の選択は、その後の長い、医者人生を占う非常に重要な選択の一つであるといえます。学生時代のポリクリや、研修医時代に様々な科を見て回り、経験してきた内容がそのための判断材料となります。現在では勤務時間や時間外労働の少ないいわゆる楽な職場に行こうとする医師が増えてきている現実がありますが、依然としてやりがいのある、昔からの目標出会った職場に進もうとする気概のある若手医師も多く存在しています。

医師や受診科を選択する方法

病院はいろいろあり、どこを選択すればいいかわからない時があります。そのような時は、ひとまずかかりつけの内科クリニックを受診してください。その医師の守備範囲であればそこで。そうでなければ、専門科を紹介してくれます。 決して、いきなり紹介なしに大きな病院に行くのは避けましょう。初診時に「選定療養費」を余分に請求されたり、その病院にあなたに合った専門医師がいないこともあります。やむを得ず紹介なしで大きな病院を受診する場合は、事前に確認をしましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 医師が常勤で働く場合 All rights reserved